キーボード

どんなカフェにしたいのか

コーヒーの資格は民間団体であることが多く、独立開業してカフェをオープンさせるなら、パティシエ専門学校が便利です。ドリンクメーカーや個人経営の喫茶店で開催している講座もある為、相性の良い所を選んで参加すると、ノウハウを身に着けやすいでしょう。

詳しく見る

コーヒー

郵送・ネット・直接がある

コーヒーに関する資格を受講したい場合、通学・通信にかかわらず、続けやすそうなスクールを選んで受講してください。基本的にはパソコンによる申し込みフォームで申し込むか、資料請求を行って郵送して申し込む方法が主流です。

詳しく見る

女性

独立する時に役に立つ

コーヒーの資格を取得する事で就職できる場所が増えたり、趣味をより深める事ができます。そんなコーヒーの資格を確実に得たいなら、通信講座がおすすめです。コーヒーのプロがテキストを作っているので、きちんと勉強をする事で誰でも資格を得られます。

詳しく見る

コーヒー

プロから直接指導がある

コーヒーに関する資格を取得する事で独立できるのはもちろん、色々なカフェ等でコーヒーのプロとして就職する事ができるようになります。専門学校で指導をしているのはコーヒーに関するプロばかりなのできめ細やかな指導を受けられます。

詳しく見る

コーヒー

カフェ開業に役立つ

コーヒーの資格を取得する人が増えてきているのは、カフェを開業するために役立つからです。また、単純にコーヒーに関する知識を身につけることができます。バリスタとして詳しい人になりたいのなら、資格試験を受けてみましょう。

詳しく見る

バリスタになりたい

コーヒー

将来はカフェ開業も

バリスタは、コーヒーについての様々な知識を持ち、それを活かして最高の一杯を提供するコーヒーのプロともいえる職業です。空前のカフェブームとあって、全国には多数のコーヒーを提供する店がありますが、バリスタが淹れる高品質な一杯は多くの人から支持を受け人気を博していることから、今後バリスタの需要はますます高まると考えられています。バリスタになるにあたって、公的な資格は必要ないと言われています。しかし、かといって知識もスキルもなければ高品質なコーヒーを提供することは困難でしょう。そこでバリスタを目指す人の多くは、バリスタ養成課程のある調理系の専門学校で知識やスキルを学んでいます。専門学校は全日制で1年制のコースと2年制のコース、夜間や休日に集中して学ぶコース等、目的やライフスタイルに合わせて選択できます。それぞれの専門学校によってカリキュラムに違いがありますが、多くの学校ではコーヒーの知識や淹れ方等のスキルを学ぶだけでなく、合わせて提供するケーキやパンなどのフードを作るスキルも学べるのです。また、カフェを開業するためのマネジメントを学べる学校もあり、将来独立を目指す人にも対応しています。なお、日本バリスタ協会(JBA)に認定されている専門学校を修了すると、民間資格であるJBAバリスタライセンスの受験資格が得られます。先にもあげたように、バリスタに公的な資格は必要ないとされますが、JBAバリスタライセンスの資格を取得するとバリスタとしての必要な知識やスキルが得られたという証になることから、就職が有利になりやすいのです。

Copyright© 2018 コーヒーに関する資格を取ろう【カフェの開業に役立つ】 All Rights Reserved.