婦人

良質な美容外科を選ぶ際の選定基準|10年以上のキャリア

レーザー法とくりぬき法

鏡を見る人

ほくろは人によってはチャームポイントになりますが、大きすぎるとコンプレックスを感じる人もいるでしょう。場合によっては悪性のほくろもあるので、サイズが大きいものやぷっくりと膨らんでいるものは皮膚科や美容外科に相談をしてみるのも最適だといえます。このような医療機関で提供しているほくろ除去にはいくつかの施術方法があるので、事前の予備知識として抑えておくと実際にほくろ除去を検討する際の参考にすることができるでしょう。最近よく利用されるようになったのがレーザーを使ったほくろ除去で、炭酸ガスレーザーとQスイッチヤグレーザーに分かれています。炭酸ガスは盛り上がっているほくろ除去に適しており、Qスイッチヤグレーザーは平面なほくろ除去に最適です。
レーザーを利用するメリットとしては、治療後のトラブル発生率の低さや傷跡が残る可能性が低いということが挙げられます。逆にデメリットとしては複数回にわたって施術が必要名点だといえるでしょう。レーザーの治療費はほくろの大きさによって変動してくるので、美容外科や皮膚科のwebページを参考に比較してみるのも良いでしょう。そしてもう1つのほくろ除去によく使われる方法としてはくりぬき法があります。パンチやメスなどを使用する方法なので5ミリ以下の小さなほくろ除去に適している方法です。皮膚を傷つけるので出血などをすることが多いですが、ほくろを再発させる可能性も低くくりぬいたあとのほくろを検査にかけることができるので、非常によい方法です。