どんなカフェにしたいのか

キーボード

入れ方ひとつで違う

日本国内でコーヒーに関する資格を取得するためには、専門学校に通うか、民間団体が発行している講座に参加するかの方法があります。将来の独立・開業を目指す為にはパティシエになる専門学校で取得をしたほうが、コーヒーだけでなく、サイドメニューを充実できるでしょう。また、資格といっても複数の団体で発行しており、どれを取得するのかによって、受けるべき学校が異なりますので、注意してください。スクールの中でも基本的に経営母体や学習内容によって相性がある為、前もって体験教室を利用しましょう。スクールによっては個人経営の喫茶店で口座を開設している場合もある為、自分好みのコーヒーを入れてくれる所なら参加してください。豆の仕入れから卸の状況まで、すべて教えてもらえるだけでなく、個人経営店独自の視点でなければ学べない事も学習できます。なお、一部のドリンクメーカーが開催している講座でも、独自の資格を取得できるようになっており、参加している人は少なくありません。メリットとして挙げられているのは、メーカーとの付き合いや独自の入れ方を学べることで、プロの視点からノウハウを学べます。ただし、地域によっては開催されていないこともある為、どの地域で開催しているのか、前もって確認してから申し込みましょう。資格を取得したいと考えるのであれば、どんなコーヒーを入れたいのか、どれくらいの規模のカフェを経営したいのか考えて、学校に通ってください。

Copyright© 2018 コーヒーに関する資格を取ろう【カフェの開業に役立つ】 All Rights Reserved.